思い込みを捨てるトレーニング

Pocket

Yes,Andゲームを体験し自分の思い込みを実感

思い込みは簡単に捨てることは出来ません。
自分自身のことでも、そのことは思い込みなのかどうかなんてほとんど意識しないものです。

しかし、思い込みを解消する発想トレーニングというものがあるのです。
初めてそのツールに接して、目からうろこが落ちる思いでした。

それは昨年12月に受講したセミナーの、「Yes,Andゲーム」という創造性開発のための手法の1つです。
二人一組のペアで、理想の別荘の姿を即興で作るというものでした。

論理的な考え方をどこかへ吹き飛ばす

ルールは簡単で、相手の考えを受入れて自分の提案をさらにを重ねていきます。
とはいうものの、提案の内容に現実的でないとか不可能とか一切言ってはいけません。

とにかくYesと応えて理想の別荘の姿を膨らませ、出来上がったものは当初全く想定していない別荘の姿になっていました。
重要なポイントは間をおかず即興で互いに提案し合うことでしょう。

熟考してはいけないので、自ずと口から出まかせのようになっていきます。
論理的な考え方は、いつのまにかどこかへ吹き飛んでいました。

未来基準の発想を身につけたい

この「Yes,Andゲーム」手法を用いると、ある問いに対し想定されていない解答を導きだすことができます。
思い込みによらない解答は非現実的であるかもしれません。

しかし、未来の基準ではどうなのかなどと考えるとワクワクします。
このような発想の感覚を少しでも身につけたいものです。

編集後記

正月二日に今年の課題と計画を立てました。
その計画を達成するのにブログの執筆が必要だとなったのです。
ブログ執筆復活させていきます。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。