ブログで発信する内容は他人の価値観に捉われない、受け狙いだけだと続かない

Pocket

意識してないのに意外と大きな影響

モヤモヤしている状態のときは何かに迷っていることを暗示しています。
内面の整理をするには、自分の感じていることをノートに書き出すと良いというのは分かっていました。

ただ、理屈通りに行動できていない自分を肯定できないもう一人の自分がいたりすると、身動きできなくなってしまいます。
そのきっかけとなったのは知人の発した言葉でした。

意識していないのに、大きな影響を受けていたのです。

他人によく思われたい自分

心にずっと引っかかっていたのはある人の「ブログを毎日発信されると人は読みたくなくなるよ」という言葉でした。
その方に全く悪気はないこともよく分かっています。

だからなおさら心に引っかかってしまったのです。
他人によく思われたいという気持ちと、自分の価値観とで綱引きをしていたのでした。

捉われからの解放

ブログ記事を書く目的は受け狙いではなかったはずなのに、いつの間にか意識は変化していたようです。
記事の材料は自分の行動や考えたこと、参加したイベント、読書や体験などであることは当初から変わっていません。

人目を引き付けることは結果であるといっても、「いいね」の数は気になるのも事実です。
意識から抜けていたのは、ブログ執筆通じて自分自身と自然に向き合える時間を得られるということでした。

そう考えると、知人の言葉の捉われからも抜け出せそうです。

編集後記

今日は「データ活用・デジタル化推進セミナー」に参加。
AIやビッグデータの活用についてのレクチャーでした。
そのなかで「AI版ビジネスモデルキャンパス」というツールを知ったのは今日の収穫です。





エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。