会社勤めとひとり仕事の違いを実感するとき

Pocket

自分の看板はブレない軸づくりから

勤務していた地方銀行を退職して3年ほどになります。
サラリーマンからひとり仕事(フリーランス)になった当初は正直戸惑いました。

仕事上の契約に従う以外、誰からの指示もない仕事のスタイルは初めてだったからです。
今は随分慣れてきてブレてはいけない自分の軸のようなものを自然と意識できるようになりました。

言い換えると「自分の看板を持つこと」と言えるかも知れません。

自分の個性を表現できているか

セカンドキャリアでまた会社勤めだったならば、看板を替えれば済みます。
ひとり仕事を選んだことは大きな分かれ道でした。

最初から力んでいた訳ではありません。
会社勤めの意識を引きずりながら仕事をしていたと思います。

ただ、このまま目の前の仕事を淡々とこなしているだけではまずいと感じるようになりました。
周囲に伝わるような自分の個性を目に見える形で作る必要があったからです。

自律的に行動する自分を実感

他人から指示を受けない代わりに、行うべきことは当然自分で決めなければなりません。
日々の行動基準とともに自分のなりたいイメージを持とうとするものの、これは簡単ではなかったのです。

会社勤めにおいて自分のなりたいものになると意志表示することは、「会社を離れる」とほぼ同義です。
しかし、ひとり仕事において信念を持つことは必須のことだと気付いてきます。

また行動に整合性を持たせながら、仕事のペースにメリハリを持たせるのも自分次第です。
色々なことを自己管理しなければならないので、会社勤めのときよりも行動は自ずと自律的になったようです。

良い方向に自分は変わっていると感じているので、セカンドキャリアでひとり仕事を選んだのは正解だったのでしょう。
後悔はしていません。

編集後記

一昨日から喉に違和感あり。
風邪薬を飲んでブログ書き。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。