快適性を実感しているパソコン環境の工夫

Pocket

誰でも気になる作業環境の改善

何となく手に取った「コクヨのシンプル整理術」という本。 日頃の事務仕事で工夫していることを、コクヨの社員さんたちで持ちより本にされています。 作業環境の改善は色々なことに影響のあることなので、誰しも気になるものです。 わたし自身、手をつけてみて改善を実感しているパソコン環境を紹介します。
仕事がサクサクはかどる コクヨのシンプル整理術

仕事がサクサクはかどる コクヨのシンプル整理術

  • 作者:コクヨ株式会社
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日: 2017-10-27
 

ノートPC+大画面モニタで作業効率向上

基本的に自宅でも外出先でも同じノートPCを使っています。 13.3インチサイズなのでそう画面は小さくありません。 そのまま使って何の不便もないし、我慢しようとそのまま使い続けていました。 ただ持ち運びには便利でも、自宅で長時間作業するときは結構疲れるのです。 現在23.6インチモニタ(12,980円)を購入し、HDMIケーブルでノートPCと繋いでいます。 大画面モニタの効果 ■広い画面で情報量増大 ■デュアル画面で複数アプリを同時に見ながら作業できる ■モニタ価格はデスクトップPC購入するより安価(12,000~20,000円) ■姿勢改善効果 携帯性に優れたノートPCの弱点を補うことに加え、作業効率は格段に向上しました。

無線キーボードは色々なシーンで活躍

大画面モニタをデスクトップPCのように使うためには別途ーボードも必要です。 場所を取らず接続コード不要のコンパクトキーボードを2種類使っています。 使用しているコンパクトキーボード ■iBUFFALO 薄型モデル BSKBB24BKLogicool K380BK Bluetooth バッファローは重量200gと携帯用には最適で、ロジクールは機能重視の時に使います。 コンパクトであるためどちらもデスクを広々と使えます。 外出してプレゼンするときはノートPCの場所に縛られずに操作可能になりました。 講演の仕事ではプロジェクターなど機器設定環境は一様ではないので、慌てなくてもすみます。 普通にノートPC画面を他人と共有しようとしても、結構苦労するものです。 無線キーボードを使えばスマートにプレゼンできます。  

マウスよりも場所をとらないトラックボール

マウスはあまり使っていません。 トラックボールというデバイスを好きで使っています。 この良いところは、場所を取らずに操作できることです。 あまり聞きなれない機器かもしれません。 ノートPCのトラックパッドよりもしっかり操作でき、電車など移動時に便利です。 もちろん無線のものを使っているのでケーブルの煩わしさはありません。  

編集後記

RPA(robotic process automation)の本を読み始めました。 今のわたしの仕事で大がかりな入力作業はほぼ発生しません。 しかし確実に浸透してきている技術です。 今日は午後からRPAのセミナーに参加します。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。