持続して行動し続けるために頭に置いておくべきこと

Pocket

続けようとすると発生する迷い

自分の生き方や行動を変えるために一念発起して取組み始めました。
このブログ投稿もそうです。

やるぞーっと取り組み始めたとき、最もテンションは上がっています。
取組みを始めることは誰でも可能です。

問題は持続してこの行動を続けられるかどうかでしょう。
続けていこうとする起こる迷いについて知っておくべきでしょう。

 

自分の価値観と向き合うにはエネルギー必要

一念発起して起こす行動の目的は自分の望むこと、世の中に役に立つことなど人によって様々です。
ただ自分の価値観をあらわしているということは共通しているべきです。

他人の価値観を自分の行動の目的の礎にしているケースもあるかもしれません。
しかしその人にとって不幸なことでしょう。

行動を持続するときの障がいは自分の価値観を基に目的を設定するために生じます。
人と異なるものであるため必ず迷うし、その答えも自分で見つけなければなりません。

迷いながらコツコツと手探りで自分の価値観と向き合うにはエネルギーを必要とします。
ポイントは他人と比較しないことでしょう。

 

周りの全てから理解を得ることはできない

古い自分の価値観を新しいものに変化させていくことは簡単ではありません。
固定化された枠組みに従うことを周りは求めるからです。

周りと摩擦を起こさずに済ませようとすると返って気疲れすることになります。
必要な人に理解してもらえればそれで良しとすべきでしょう。

周りの全てから理解を得ることはできません。
不要なストレスを溜め込むことなく、目的に向かって行動すればよいのです。

 

編集後記

暑かった夏も朝晩は随分しのぎ易くなりました。
今日は朝から3km ランニング。
短い距離だけど気気持ちよく走れました。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。