起業希望者と接するときに重要なこと

Pocket

 

最終目標は「事業を志す人の自立」

創業や起業の相談に来られる方の動機は様々です。
生活のため、自己表現のため、なかには趣味の一環という方もいます。

最初に接したときに、最も重要なことはその方の動機を掴むことです。
ひとことで言うと「本気度」とも言えます。

全ての相談者の全ての求めに応えることはできません。
サポートの最終目標は「事業を志す人の自立」だと考えています。

 

見究めを誤るとうまく対応できないことも

自分自身の力で事業を興していこうと考えている方は「自己責任」という概念を大体お持ちです。
サポートする立場から様々な提案を行ったとしても自分の物差しで取捨選択し判断されます。

そのため、こちらから考えられる精いっぱいの提案をしても事業実現のための材料として受け取られます。
一方、趣味の一環としての起業だったり何の事業を始めるのか定まっていない方もいらっしゃいます。

もちろん気軽に相談に来られることも歓迎していて、尋ねられる内容に合わせて相談に応じます。
ただ「自立を目指している方」かどうかの見究めを誤り、うまく対応できなかったケースもありました。

 

「本気度」によって違うアドバイスの受けとめ方

事業を興して自立を目指す人に対しては、自分のやりたいことの実現を肯定するスタンスで接しています。
つらいときでも自らを奮い立たせる気持ちを持っていないと、事業を興して続けことはできないからです。

「本気度」の薄い方に対して同じように対応すると大変なことになります。
現実感の伴わない会話へと発展し、責任のない発言を許容してしまうことになりかねません。

こうした方たちは共通して「自分の都合の良いシナリオ」を相手に求める傾向を持っています。
問題のあるシナリオに対しては当然のこととして問題を指摘しないといけません。

気まずくなって心証を害されたとしても仕方ないかなと心づもりをしてはいます。
しかし、お互い気持ちよく話をしたいと望むのも正直な気持ちです。

 

編集後記

昨日購入した「ワンピースな生き方」は少年ジャンプ連載の漫画の発言録を編集したものです。
自助論的な視点でまとめられていて、はっとさせられるフレーズ満載です。
自分も含め事業者として自立を目指す人には共感できる内容でした。

 

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。