リアルな目標は必ず実現する

Pocket

Free-Photos / Pixabay

漠然としている目標を「見える化」する

自分の将来を思い描くのは事業者に限ったことではありません。
学生も会社員も共通のことです。

リアルな目標を誰でも最初から立て得るわけではありません。
漠然としたイメージのままの方が多いのではないでしょうか。

しかし、漠然としたままの目標はまず実現することはありません。
取り組みようがないからです。

実現性のある目標を立てるためには自分の考えを「見える化」する作業を行います。

 

マインドマップで心の声を拾う

一足飛びに具体的な目標を立てようとしても無理です。
このようなとき、わたしはマインドマップを使って自分の心の声を拾います。

自分の心の声を拾う項目
■今取組んでいること(好調、不調)
■したいこと(得意なこと)
■したくないこと(いやなこと)
■実現するといいなと思っていること

自分の欲していることは何なのか、ツリー状に思いつくまま書き出せばよいのです。
マインドマップによる「漠然としている目標を形にする方法」

 

自分のやりたいことを具体化する

特にソフトはなくてもノートに手書きで十分です。
連想ゲームのように、キーワードを名詞の形で繋げていけばよいのです。

ある程度書き尽くしたら、ノート全体を見渡してください。
「ノート全体のワードの広がり」=「自分の頭のなか」です。

全体のワードの中から特に気になる言葉を赤色で囲んでピックアップします。
ピックアップした幾つかのキーワードを繋ぎ合わせて自分の考えているストーリーとして整理します。

この方法を取ると、自分の書いたワードの広がりから新しい発見を得ることもできます。
心で欲しているやりたいことの手がかりを見つけられたら、「リアルな目標」設定はスムーズに進むでしょう。

 

編集後記

昨日、アップルウォッチで電話を掛けました。

腕時計に向かって話しかける姿は、まるでウルトラマン時代の科学特捜隊(古い!)です。

妙にいい気分でした。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。