ニーズからのビジネスプラン発想

Pocket

FirmBee / Pixabay

ビジネスプランのニーズとシーズ

ビジネスプランの組み立てのスタートにはニーズとシーズという考え方があります。
ニーズとは必要性、シーズとは提供する種(商品やサービス)ありきということです。

どちらが先でもかまいません。
サービス系のビジネスはニーズ、製造業系の場合はシーズありきのケースも多いようです。

 

「あったらいいな」の発想からビジネスは始まる

世の中にないものを生み出すスキルを持っているならば、具体化してビジネスプランのシーズとしましょう。
なかったとしても、日常のなかに「あったらいいな」という気づきをニーズとすることもできます。

不合理であることや疑問に感じていることはビジネスモデルを組み立てるチャンスだと捉えられます。
既成概念の壁を乗り越えて、今実現できていない理由を考えてみることです。

実現可能性などということよりも、実現のために必要な作業を客観的にピックアップしていることです。
解決するための壁、開発の壁などを自分だけで抱え込まなくても、出来る人を見つけられれば実現します。

 

当たり前だと思わない感性は起業家の共通マインド

夢みたいと思える、現実離れしたことの実現ほどビジネスプランとしてワクワクすることはありません。。
財務的なことや技術的な課題は後回しで良いのです。

みんなの「困ったな」も含めてビジネスチャンスは身の回りにたくさん転がっています。
重要なのは何でも当たり前だと思わない感性を持って、世の中ウォッチを続けることです。

これはと感じるものを見つけたら、即ビジネスプランを作ってみましょう。
そしてコンテストに申し込んで、スポンサーを獲得するのです。

 

編集後記

ワクワクする事業プランに出会うと、とてもハッピーな気持ちになります。

絶対実現させてあげようと動くと、かなりの確度で実現されます。

実現する事業プランは周りを巻きこむ力を持っています。

エムサポーティングオフィス
代表 島浦 誠

にほんブログ村に参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。